電話加入権の新しいサービス│メリット面の多いものを選択

男性

海外で使う電話を借りる

スマホと男性

携帯電話のレンタルサービスは、海外へ旅行する人や出張をする人など一時的に海外で携帯電話を使う必要がある人々に便利なサービスです。現地のキャリアサービスが使えますので、国際ローミングサービスよりも安く、便利に使えるのが利点です。

詳しく読む

基本料金がお得な電話

スマートフォン

ひかり電話が人気の理由は、インターネットとともに契約すると一回線が500円前後で利用することができるため、一般的な電話回線に比べて格安で利用することができます。また、変更する際にも、電話番号を変えずに使えるので変えるときにも簡単に行うことができます。

詳しく読む

固定電話で安定通信

ウーマン

固定電話の電話回線は安定しているため、会話をノイズによって遮断されることがありません。海外との通話においても高音質でやりとりすることが可能であり、現在でも通信の基礎になっています。また、最近はデジタル化が進行しており、高速で通信することができます。

詳しく読む

電話が必要になった時は

オペレーター

加入権不要の電話

一昔前までは、新しく電話回線を引く際には、必ずNTTの電話加入権を購入する必要がありました。電話加入権というのは、NTTの加入電話回線を契約・架設する権利のことです。今は日本全国どこへ行っても電話が使えるのが当たり前のようになっていますが、昔はそうではありませんでした。敗戦後、日本国内の復興事業の一環としてアナログ電話回線の普及が目指されました。しかし、インフラ整備費用を全て賄えるだけの資金力を当時の日本電信電話公社は有していませんでした。そこで、利用者にも設備設置費用の一部を負担してもらうという方法が考え出されました。その結果、NTTから電話加入権を購入しない限り電話を引けない仕組みが出来上がったのです。しかし、現在では、NTTのアナログ電話回線を経由しない直収型の電話や、光ファイバーを利用するIP電話が登場してきています。これらの電話を選べば、NTTから電話加入権を購入しなくても利用することができます。加入権代が不要になるため、とても多くの人が新しい電話サービスを利用しています。

デメリットはないのか

NTTから電話加入権を購入する際には、税抜きで3万6000円の料金がかかります。昔に比べるとかなり安くなりましたが、誰もが気軽に支払えるほど安い金額ではありません。国内のアナログ電話回線網がほぼ完成している今、電話加入権という制度を維持し続けることに対し、疑問の声が多数上がっています。現在、政府とNTTの間で加入権廃止の方向で検討が進められていますので、将来的にはなくなる可能性が高いです。ただし、現在でも、直収型電話やIP電話を利用すれば、電話加入権を購入せずに済ませることができます。とはいえ、全くデメリットがないわけではありません。ご存知のように、災害発生時には携帯電話の通信が制限されてしまいます。また、停電するとIP電話が使えなくなります。したがって、直収型電話やIP電話を導入する場合は、緊急時の連絡手段をどうやって確保するかという点を考えておく必要があります。ちなみに、NTTの加入電話には、電話加入権不要の加入電話ライトというプランも用意されています。加入権は後付けすることもできるので、よく考えた上で購入するか否かを決めるのが得策です。